トップ画像

 島根県隠岐郡知夫村は、人口620人程度の小さな一島一村の村です。島で唯一の学校、知夫村立知夫小中学校(小中一貫校)を起点に、教育を軸とした地方創生に尽力しています。平成29 年度より島外からの離島留学生の受入れを開始し、令和4年度は6名の中学生が、島留学生として、寮から学校へ通っています。

 島唯一の知夫小中学校は、全9学年あわせて32名の超小規模校です。しかし、小規模校ならではの温かな雰囲気や、島ならではの自然豊かな環境、人口 620人という小さな島だからこそ生まれる思いやりの心、支え合う関係性など、島の魅力がつまっています。
 知夫村教育委員会では、この島だからこそできる特色ある離島教育をより一層推進しようと考えています。これに伴い、新たな土地で自ら挑戦してみようと心に決めた子どもたちを、寮で共に支えてくださる方を下記の通り募集いたします。

島留学事業詳細はこちらをご確認ください。
お仕事詳細はこちらをご確認ください。

1.募集人数

若干名

2.募集条件

(1)既に決定しているハウスマスターと教育委員会スタッフと共に、地域との協働による特色ある寮づくりや寮を通した全人教育に熱意や意欲を持って、積極的に携わっていただける方
(2)子どもに寄り添い、支え、一緒に考え、子どもの成長を喜ぶことのできる方
(3)新しいものをつくっていくという気持ちのある方
(4)島の環境を自らが楽しみ、その価値を子どもに伝えられる方
(5)その他、小中学校の課外活動や学校行事等の支援にも興味のある方
(6)普通自動車免許を有する方、又は採用までに取得可能な方

3.業務・活動

(1)集落の巡回点検及び状況把握の実施に関する活動
(2)地域住民、団体及び行政との連絡調整、話し合いに関する活動
(3)地域コミュニティ活動の運営支援及び週宅の維持に関する活動
(4)島留学生の生活のサポート・寮の管理運営を中心とした知夫村教育魅力化に関する活動

4.任期

採用から1年を原則とします。ただし、再任を妨げません。

5.賃金等

賃金及び社会保険等の条件は次のとおりです。

(1) 基本賃金(月額) 170,000
   
昇給あり(1年につき 10,000 円・上限 210,000 円)。
(2) 引越助成金 上限 100,000 円(実費)
(3) 社会保険等 厚生年金 健康保険 雇用保険

6.住居

住居は、原則として住宅(月額 20,000 円程度)斡旋致します。(要相談)
上限 10,000 円の住宅手当あり。

7.事務所

事務所は、村内に置くものとし、次の区分のいずれかとします。

(1) 知夫村教育委員会(知夫村立知夫小中学校内)
(2) はぐくみ寮
(3) 地域内における公共的な施設

8.採用日・勤務日・勤務時間・休日

採用日は、令和5年度からとします。(要相談)
勤務日は、シフト制になります。
ただし、活動内容により休日勤務した場合は代休で対応となります。

9.応募方法、人選、結果のお知らせ

 【オンライン説明会を実施します】少しでもご興味のある方は、まずはこちらにご参加ください!
1212

説明会の詳細&お申込みはこちら


(1)応募方法
別紙の応募用紙にご記入の上、締切日までに知夫村教育委員会に郵送又は持参してく ださい。
応募にかかる経費(書類申請・交通費)は全て応募者の負担となります。

pdfファイル「集落支援員(島留学活動)募集要項・応募用紙」をダウンロードする(PDF:672kB)

締め切り(第2次エントリー期限):12月14日(水)必着

(2)人選
書類審査及び面接審査を行います。
なお、地域の支援、振興活動の経験の有無にかかわらず熱意のある方、関心が高い方を優先し、知夫村教育委員会にて人選を行います(応募の秘密は守られます)。

 (3)結果のお知らせ
応募書類到着後おおむね10日以内で書類審査結果をお知らせします。
書類審査を通過された方を対象に、実際に知夫村にご来村いただいた上で面接を行います。
面接の結果は合否にかかわらず1週間以内にご連絡いたします。
なお、ご来島にかかる交通費、宿泊費等は応募者の負担といたします。

10.募集期間

随時募集(決定次第、受付は終了致します)
※第2回目の書類応募締切を12月14日(水)とします。

11.応募先・お問い合わせ先

採用に関するお問い合わせはこちらから受け付けております。

知夫村教育委員会(担当:安藤・竹村)
住所 〒684-0102 島根県隠岐郡知夫村 1053番地 1
電話 08514-8-2301
FAX 08514-8-2302
メール shimaryu@chibu.jp