知夫里島島留学とは

ポスター

 知夫里島の自然環境、歴史、文化や、島民との交流、知夫里島での生活やここでしかできない体験活動を願う島外の方を対象に、知夫村立知夫小中学校(以下、知夫小中学校)に入学または転校を希望する児童・生徒を「島留学」という形で受け入れるものです。

 

私たちが目指すのは「600人の家族とくらす島留学」

島留学生が島を離れるときに、島留学生と見送る島の人が互いを想い合い、別れを惜しむような関係を築けることを願っています。

 

知夫里島は人口600人の小さな島です。

もとから住んでいる村民も、新しく来た島留学生も600人が家族のようになり、知夫里島が島留学生にとっての大切な場所になる。私たちが目指しているのはそんな島留学です。

 

知夫里島島留学の特徴

1.寮生活「知夫里とともに磨く家」

 知夫里島はぐくみ寮

島留学生は、学年の異なる島留学生と共に、島の「はぐくみ寮」でくらします。
掃除、洗濯、片付けなどは毎日自分たちでしています。どうすれば全員が楽しく、快適にくらせるのかを考えて生活します。
寮内には、地域の人と交流ができるスペースを広くとっており、寮生も地域に溶け込みやすい環境を作っています。現在は島留学生6名が生活し、村、教育委員会の全面サポートのもと、ハウスマスター4名、調理員さん7名体制で運営されています。

スケジュール

▼はぐくみ寮 内観

<土間キッチン(共有スペース>

内観1

 

<リビング(共有スペース>

内観2

 

<ロフト(学習スペース)>

内観3

 

<部屋(一部)>

内観4

 

2.小中一貫の学校生活「少人数教育」

知夫小中学校

  知夫小中学校は、島唯一の学校です。知夫村教育委員会は、知夫小中学校と連携し、「知夫里島学び舎構想」を掲げ、島全体を学校と捉え、知夫小中学校の児童・生徒たちが島のあらゆる場所や人から学べる環境を整えています。
 また、知夫小中学校には、多くの地域の方が出入りし、時には先生、時には生徒、時には保護者のような存在になりながら、子どもと寄り添っています。現在は全ての学級の人数が10人以下です。人数が少ないということは、それだけ一人ひとりの役割は大きく、活躍の場も多いということです。子どもたちは、少人数という環境の中で、自分が持っている力を発揮しています。

3.100の約束「知夫を舞台に、自分らしく楽しむ」

100の約束

 100の約束は、「知夫里島島留学生がやりたいことを5年で100個叶える応援をする」取り組みとして令和元年度からスタートしました。

 知夫里島には、コンビニ・ゲームセンター・信号など、便利なものは何もありません。しかし、壮大な自然や魅力的な人で溢れており、知夫里島だからこそ学べることがたくさんあります。

 島留学生は地域の力を借りながら、島でのたくさんの思い出を作ります。知夫里島で大事にされている歴史・文化・価値観にどっぷり浸かり、熱中するものを見つけてられることを願います。

知夫里島島留学で大切にしていること

3つの心をはぐくむことを大切にしています。

ぶるぶる(感動の心)
いろいろな体験から感情(心)を動かす。よい未来に向け、苦しさを乗り越えて感動を掴み取ろうとする心。

だんだん(感謝の心)
支えてくれている応援者・島留学生への感謝の心。

らんらんらん(楽しむ心)
なにもないくらし・挑戦を楽しむ心。 

挑戦すること、自分が変わろうとすることで心がはぐくまれていきます。
そんな意欲的な方をお待ちしています。

令和4年度知夫里島島留学について

知夫の風景

1.令和4年度からの知夫里島留学への参加を希望する皆様へ

 知夫里島留学では令和4年度4月からの新規島留学生受け入れに向けて説明会、短期体験および選考を実施します。
 令和4年度は新小学5年生~新中学2年生を対象に受け入れ予定です。
 本年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止を最優先とした、短期体験および選考の実施を検討しています。平時とは選考、短期体験の内容が異なる可能性があることをご承知おきください。

2.選考までの流れ

 知夫里島島留学では、知夫里島で島留学するという選択が、参加する児童・生徒とそのご家族と知夫里島、双方にとって良い選択であるか、ということを大切にしています。
 そのため、選考までに互いのことを知っていく時間を取りたいという思いから、令和3年度は選考までに下記の流れで説明会と短期体験にご参加をお願いします。

(1)全体説明会(オンライン)に1回以上参加(保護者・本人)→すべて終了しました

(2)テーマ別説明会(オンライン)に1回以上参加(保護者・本人)→すべて終了しました

(3)短期体験参加申込書の提出(保護者・本人)

(4)短期体験前面談(保護者)

(5)短期体験に参加(保護者・本人)

3.全体説明会(オンライン)について

令和3年度のテーマ別説明会(オンライン)はすべて終了しました。 
ご参加いただきありがとうございました。

4.テーマ別説明会(オンライン)について

令和3年度のテーマ別説明会(オンライン)はすべて終了しました。
ご参加いただきありがとうございました。

 

5.短期体験について

 短期体験では、平時であれば知夫里島に実際にご来島いただきます。
 今は新型コロナウイルス感染症が全国的に拡大し続けている非常時ですので、令和3年度は短期体験を知夫里島に来島せず、島根県(本土)の会場あるいはオンラインで下記の通り開催いたします。

(1)レインボープラザホテル(松江市)(https://rainbow-plaza.jp/

 当初は島根県立青少年の家(サン・レイク)の利用を検討しておりましたが、9月、10月は軽症者受け入れのため休館が決定しました。
 また、島根県の発表する県またぎの移動の規制の基準に従い、緊急事態宣言発令地域および蔓延防止対策下の地域からの参加受け入れをしておりません。現在の状況を踏まえると、11月にも島根県立青少年の家(サン・レイク)で開催できる可能性が低いと判断しました。

 そのため、施設として受け入れに規制のないレインボープラザホテルを開催場所とすることを決めました。レインボープラザホテルであれば、緊急事態宣言が発令されている地域、あるいは蔓延防止対策対象地域にお住いの方でも利用可能です。

このような状況下で県またぎの移動は極力控えるべきではありますが、短期体験は皆様の進路を決めるための「不要」でない用事と捉えておりますので、感染症対策を徹底した上で実施したいと思います。

(2)オンライン(ZOOM

レインボープラザホテルが利用できない場合および、対面での実施を感染症対策の観点から控えた方がよいと判断した場合はオンラインで開催します。

(1)、(2)どちらで短期体験を実施するのかは、状況を見て判断し、短期体験申込者にご案内します。

 短期体験にご参加いただく前に事前にオンラインでの面談を実施いたします。

■日程

・86日(金)~87日(土)【実施場所】島根県立青少年の家(サン・レイク)

・93日(金)~94日(土)【中止】

・10月1日(金)~10月2日(土)【参加枠数】残0組

1015日(金)~1016日(土)【参加枠数】残3組
 ※93日(金)~94日(土)中止のため追加しました。

1029日(金)~1030日(土)【参加枠数】残1組

115日(金)~116日(土)【参加枠数】残0

1112日(金)~1113日(土)【参加枠数】残1組

■対象
・令和4年度からの知夫里島島留学への参加を検討している小学4年生~中学1年生の児童・生徒、保護者
・テーマ別説明会に1回以上親子でご参加いただいている方


■定員
各回3名(先着順)

申込方法
まずは短期体験実施案内をご確認ください。
ご確認いただいた上で、短期体験申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、郵送にて知夫村教育委員会宛にご提出ください。
短期体験申込書をご郵送後、短期体験前のオンラインでの面談を実施いたします。

■申込期限
930日(木)短期体験申込書必着
ただし、期限までに短期体験申込が定員に達した時点で締め切ります。

▽短期体験実施案内(申込書記入前に必ずご確認ください。)
pdfファイル「令和3年度知夫里島島留学短期体験実施案内」をダウンロードする(PDF:599kB)

▽短期体験申込書(ダウンロードして記入し、知夫村教育委員会宛てに郵送してください。)8月31日更新
pdfファイル「令和3年度知夫里島島留学短期体験申込書」をダウンロードする(PDF:652kB)

申込書が合計6枚あることを郵送前にご確認ください。


※申込書を提出しただけでは短期体験参加申込は完了しません。
 短期体験前面談で短期体験参加申込を受け付けます。

6.選考について

■予定
10月上旬 選考要項公開
11月中旬 一次選考書類応募締め切り
12月下旬 二次選考実施 ※
※知夫里島での実施を予定しておりますが、来島できない状況の場合は本土で実施します。

島留学・短期体験に関するお問い合わせ先

 知夫村教育委員会 担当:安藤・竹村  

 〒684 -0102 島根県隠岐郡知夫村 1053 番地1

 電話(08514)8-2301 FAX(08514)8-2302

 E-mail:shimaryu@chibu.jp