村長室

 

ご挨拶

 新年あけましておめでとうございます。
 村民の皆様方におかれましては、夢あふれる輝かしい平成31年の新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 昨年中は、公私共に大変お世話になりましたこと重ねて厚く御礼申し上げます。

村長

 又、村民の皆様方には、日頃から村政全般にわたり温かいご理解とご支援を賜り、心から厚く御礼申し上げます。どうか本年も相変わりませぬご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 昨年を振り返ってみますと、国内外ともに多くの出来事があり
ました。
 海外では、米中貿易摩擦が勃発し、日本のみならず世界各国が今後の世界経済への影響がどうなるのか、今後の動向を注視せざるを得ない事態となっています。他にも、朝鮮半島の完全非核化を目指した米朝首脳会談、東南アジアで相次いで発生した大規模地震などがございました。

 一方、国内では安倍政権が3期目に入るなど、政治的な話題もありましたが、一番印象にあるのは、例年以上に自然災害が猛威を振るい、全国各地で未曾有の災害が発生したことです。広島・岡山を襲った豪雨災害、近畿地方に相次いで上陸した台風21号・24号、北海道胆振東部地震など、全国各地に多くの人的・物的被害を齎しました。
 幸いにも、知夫村におきましては、この1年、こうした災害はございませんでしたが、今後、いつ被災するやもしれません。
 村民の皆様方が安心して暮らせるよう、現在の危機管理体制の再点検に取組むことは基より、更なる防災・減災対策の充実を図りたいと考えております。

 次に、私ごとになりますが、村民の皆様方からの負託を受け、村長に就任してから、早いもので2年が経過し、任期の折り返しを迎えました。
 この2年間は、選挙でお示しした公約実現のため、一つ一つ種を捲くように取り組んで参りました。お陰様で、人口も僅かずつではありますが、増加傾向にあり喜ばしく思っているところです。今後も知夫村の更なる発展活性化をめざし、残された任期の中で、今まで捲いた種を実りあるものにすることは勿論、地場産業の振興、医療・福祉の充実をはじめ、教育・定住対策等々、山積する諸問題の解決に向け、議会の皆様方や村民の皆様方と力を合わせて取組んで参る所存でございますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 結びになりますが、今年1年が村民の皆様方にとりまして、素晴らしい年になりますことを、心よりお祈り申し上げまして新年の挨拶と致します。

 

                                                                                                                                               平成31年1月

知夫村長  平 木 伴 佳

ページTOPへ