村長室

 ご挨拶

村長

 知夫村のホームページをご覧いただきありがとうございます。 梅雨の季節に入り、なんとなく鬱陶しい日々が続いています。
 村民の皆様方には、日頃から村政全般にわたり温かいご理解とご支援を賜り、心から厚く御礼申し上げます。
 今年に入ってから日本国内のみならず全世界で今も猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症の影響からか、我が知夫村も観光客等の来島される方々が激減し例年とは全く違う静かな毎日が続いています。
 私自身も去る5月26日、約3か月ぶりに仕事で松江に行ったくらいで週末 は自宅に居ることが増え何時もは出来ない畑の草刈りや家庭菜園等をしながらご近所の方々と交流を深める日々を過ごしています。
 5月25日に国内全都道府県に発令されていた緊急事態宣言の解除に引続き6月19日には都道府県を跨いだ移動制限も解除となりました。
 夏季を前にしてのこの解除は、自粛ムード一色の時期を乗越え「これで以前のように移動できる。」という解放感と安堵感を齎しました。
 とは言うものの、何時やって来るかもわからない新型コロナウイルス感染症の第2波・第3波のことを考えるとワクチンも治療薬も開発されていない今、諸手を上げて喜べない現状に不安ともどかしさを感じています。
 ゴールデンウィークの頃は、一日でも早く新型コロナウイルス感染症が収束して、お盆には帰省される知人や観光客の皆さんとお会いできるようになると思う日々が続いておりましたが、現状からすると中々そうは行かないようです。
 5月25日に国から示された基本的対処方針によりますと観光振興は先ずは国内観光の振興から取り組み「6月19日ごろから都道府県を跨ぐ県外からの誘客を」との目安が記載されています。また、「自粛要請等の緩和を7月末までに段階的に緩和して8月から本格的な国内観光の再開を」とされています。
 従いまして、今夏は例年のような賑わいとは程遠い状況が想定され残念で仕方ありませんが、「近い裡に再び皆様方とお会いできる。」と信じて楽しみにその日を待ちたいと思います。
 皆様方におかれましては、これからも新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を励行され、本格的に国内観光が再開したあかつきには、是非お立ち寄り頂けたらと思います。
 知夫里島は何時もと変わらない姿で皆様方のご来島をお待ちしています。
 結びに、皆様方が新型コロナウイルスに負けずご健勝で在られますことを御祈念申し上げます。
 みんなで前を向いてこの難局を乗越えましょう。                    

                           令和2年6月

                               知夫村長  平 木 伴 佳                                                                                                  

ページTOPへ